全部

提案時にカタカナを多用するホームページ制作会社に注意が必要な理由

札幌に限らず、東京も含む日本全国どこのホームページ制作会社さん、ひいてはIT業界全般について言えることですが、この業界の人達は本当に良くカタカナを使います。とにかく用語にカタカナが多いです。中にはこういうネタを書くホームページ制作会社の社長さんもいるくらいですが、とにかくカタカナが多い。

ただ、これもネタにしているうちはまだいいのですが、自社のホームページ制作を頼む業者がこういうタイプだと、後々かなりまずい事が起こる可能性があります。

もし貴方がホームページを発注しようとして、ホームページ制作会社の人に来てもらった時、その営業マンなり、ディレクターなりが、カタカナを連発する人だった場合は、注意が必要です。それは単にギョーカイ人だから、ということでは済まされない問題が内包しているからです。

それは、その人物、又は会社が、基本的に相手、受け手のことを考えて行動する事が出来ない可能性がある、という事です。それが制作にどういう影響を与えるかは言うまでもありません。

優先されるのは、顧客の都合より自社の都合、です。

この手のカタカナを使う人というのは、自分の説明が、相手の心にきちんと届いているかどうかを正直良く見ておらず、あくまでもジコチュー、つまり自分視点でしか考えていませんし、考える事が出来ません。私も社内で良く言うのですが、相手に「言った」という事と「伝えた」という事は全く趣旨が異なります。前者はただの自己満足で有り、後者は真のコミュニケーションです。

こういうタイプのジコチュー視点の人は、普段の商談フェーズですらそうな訳ですから、いざ仕事を受注して始めたら、どういう事になるかは火を見るより明らかでしょう。ヘタをすると、技術に詳しくない貴方をカタカナで煙に巻いたり、仕様でもめたら責任を顧客に押しつけてくる可能性すらあり得ます(冗談みたいですが、本当にこういうウン〇野郎の様な会社は、それなりの確率で存在します)。

本当に出来るホームページ制作会社の営業なりディレクターというのは、初対面であっても商談の中で瞬時に担当者のリテラシーを見抜き、きちんと理解して貰えるレベルで会話をしてくれます。この手のタイプであれば、後々ホームページ制作をお願いしても大丈夫な可能性、蓋然性が高いと言えるでしょう。

札幌に限らず、商談でホームページ制作会社の担当者が訪れたら、振る舞いをじっくり観察して、どの程度カタカナを使うのか、良く観察されてみてください。それでどのくらい「相手の立場で考える事が出来る人、会社なのか」を感じ取って下さい。今回は表現が多少粗くて大変失礼しました。

それと手前味噌で大変恐縮です。私のやっています会社ではホームページリニューアル制作、Webコンサルティングのご相談を承っています。長期お取引の実績はそれなりにあります。長いおつきあいになる事がほとんどです。ご検討中の方はこちらからお気軽にお問い合わせください。東京はほぼ毎週おります。




関連記事

  1. 全部

    ホームページ制作会社をコンペで決めるとき、何社を集めると一番旨く行く確率が高いのか

    札幌に限らず、ホームページ制作会社を決めるとき、コンペを開催するのはオ…

  2. 全部

    問い合わせてから返答がやたら遅いホームページ制作会社への傾向と対策。

    これも札幌に限らず、どこの地方都市でも見られる現象です。ホーム…

  3. ホームページ制作会社の由来で選別する

    ホームページ制作会社は由来で大体の得意不得意が分かる理由

    札幌に限らず、どこの地域でも言える事ですが、ホームページ制作会社という…

  4. 全部

    複数のホームページ制作会社に見積もり依頼をして、その価格差が大きかったら要注意警報

    札幌に限らず、どこの地方でも、ホームページ制作を依頼したい、と言う場合…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    1. 全部

      筋の良いホームページ制作会社かどうかは、一番最初のアレで大体わかる
    2. 全部

      なぜホームページ制作会社は県庁所在地、もしくは都市部の会社が無難なのか ?
    3. 全部

      提案時にカタカナを多用するホームページ制作会社に注意が必要な理由
    4. ホームページ制作会社からの「仕返し」対策

      ホームページ制作会社からの「仕返し」に気をつけようー「引っ越し」は慎重に進めない…
    5. ホームページ制作会社からの「仕返し」対策

      ホームページ制作会社からの「仕返し」に気をつけよう(3)CMSのログイン権限編
    PAGE TOP